歯科治療での費用

歯科治療の費用について

歯科治療にどのくらいかけるか?

一生自分の歯で食べていきたいと誰しも思うことです。巷ではオーラルケア用品が種類豊富に出回っています。ほかに、日本歯科医師会が推進している「8020(はちまるにいまる)運動」があることをご存知でしょうか。80歳になっても20本以上自分の歯を保とうという運動です。とはいっても、常に自分の歯が全て健康な状態とは限りません。時には虫歯に、歯周炎や歯肉炎、歯槽膿漏や歯周病になるなど、さまざまな症状が起こります。単なる虫歯でも進行状態によって、治療法や期間、費用が変わってきます。歯周病や歯槽膿漏に至っては、進行状態によって、幅広い治療法があり、費用や期間もさまざまです。基本歯科治療は、保険診療の費用を優先しますが、場合によって、自由診療(保険適用外費用)になるケースもあります。歯の状態を診察し、歯科医から保険診療と自由診療の選択肢を提示された場合には、費用の差はどこなのかをきちんと説明してもらいましょう。その上で、歯の機能を改善する治療だけで良いのか、機能的だけでなく、見た目の印象を変える審美的な治療を受けたいのかも十分に検討しましょう。そして完治後も定期的にクリーニングを行い、メンテナンスしていくことも大切です。

歯科の基本情報

↑PAGE TOP

Menu