歯科で抜歯の注意点

歯科で抜歯した際の注意点

歯科で抜歯後血が止まらない場合

歯科で抜歯を行ったときは、通常の治療に比べていくつかの注意点があります。抜歯事態はそれほど困難な治療ではありませんが、術後に問題が起こるケースが少なくありません。たとえば出血がなかなか止まらないケースです。抜歯した後はガーゼを30分程度噛んで止血する必要があります。しかし、しっかりガーゼを噛んでいなかったり、うがいや歯磨きなどで血餅が剥がれて落ちてしまったりすると、血が止まら無くなってしまうことがあります。血餅が剥がれ落ちてしまうと、血が止まら無くなってしまうだけでなく、傷口が感染して炎症を引き起こしてしまうことがあります。抜歯後2日、3日してから痛みが発症し、抗生物質で治療することになりますが痛みが消えるまで2週間以上もかかってしまいます。このような事態になら無いためにも、歯科医師から指示された注意点をよく守ることが大切です。つまり、30分ガーゼをしっかり噛むこと、うがいをしないこと、歯ブラシを当てないことなどです。もし、これらの注意点を守っていても血が止まらなかった場合は、他に原因がある可能性があるのですぐに治療した歯科を受診する必要があります。原因として考えられるのは、傷口に問題があったり、血液や肝臓に問題がある場合などが考えられます。

↑PAGE TOP

Menu